くれたけ庵は、創業より130年になります。古き良き時代から失われたものや、今も引き継がれているものと様々です。数寄屋風の家屋から町家風に変わりましたが、料理など大切に引き継がれています。

その一つに「ちりめん山椒」があります。私の先代から作り続けている「ちりめん山椒」は、伏見の酒と醤油と山椒の実だけで炊き上げ、天日に干して乾燥させます。京都の市販されている「ちりめん山椒」には、そこに味醂や砂糖。今では味の素や防腐剤が添加されています。ちりめんじゃこの種類は様々です。海外からのちりめんじゃこは安価ですが、私共は国産にこだわります。美味しさが違います。

「おじゃこのたいたん頂戴!」と言っていた言葉を商品名に付けました。

「おじゃこのたいたの」は、炊き立てのご飯に混ぜておにぎりにしたり、ご飯に載せて熱々の京番茶をかけて「お茶漬け」にしてお召し上がりください。

  

おじゃこの炊いたの(地方発送)

おじゃこのたいたの ぶぶ漬けセット (3,670円)
※ 消費税込み
※ 送料は別途必要です。(500-1200円)

 漂白されていない自然のままのおじゃこを、
国産丸大豆醤油と伏見のお酒を使い、
炊き込み時間、醤油や酒の量を、季節の変化を考慮し、
五感によって調理しています。

内容
おじゃこ100g 2個
番茶 100g  1個


      
おじゃこ包装 おじゃこかご 包装外観は変わることがございます。

おじゃこのご注文は現在電話、Mailにて承っています。